咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは、咽喉頭部や食道の狭窄感、異物感、不快感などを訴えるが検査値の異常や器質的病変がみられないものをいう
患者によって感じ方が異なるが、以下のような症状を訴える
さまざまな細胞における乳酸代謝
次に,乳酸が心筋細胞やES細胞を含む非心筋細胞 でどのように代謝されているかを調べるために,乳酸の安定同位体を用いてメタボローム解析を行った。乳酸の安定同位体を用いることで,細胞内に取り込まれた乳酸がどのように代謝されるかを追跡することがで きる。その結果,心筋細胞ではES細胞を含む非心筋細胞に比べて,クエン酸回路において乳酸を活発に利用していることがわかった。その一因として,電子顕微鏡所見やミトコンドリア蛍光色素による細胞観察の結果,心筋細胞における発達した豊富なミトコ ンドリアの存在が考えられた。さらに興味深いことに, 心筋細胞では解糖系の上流の代謝産物やペントースリ ン酸系,核酸•グルタチオン合成経路の代謝産物にお いても乳酸同位体由来の代謝産物が検出され,乳酸は 生存するために核酸やアミノ酸の合成にも寄与していることが明らかとなった。

喉に何かつまっている感じ/喉に何かがひっかかっている感じ/喉に塊りがある感じ
喉が塞がる感じ
喉の奥がはれている感じ
喉がイガイガする
胸がつかえる感じ

リダクティル完全に解読

淋病の症状は何ですか?

淋病症状とは